中・高等科 (5年生~12年生)

中・高等科 (5年生~12年生)

in
 
5年生から12年生までの入学手続きはどうしたらよいですか?
 
手続きには以下の書類が必要です。
 
学年度開始時での入学及び編入の際には、授業開始日より2週間前までに、以前通学されていた学校発行の進級証明書を提出して下さい。
学年度途中編入の場合、以前通学されていた学校によって発行された転校時期までの成績、選択科目やその他の特別活動のリスト等、証明書類をご提出願います。入学/編入前には、校長と面談をする事になっています。それは出来るだけ早い時期に行うことが望ましいですが、遅くとも当校での授業に参加するまでに行う必要があります。
 
基幹学校(Hauptschule)及び実科学校(Realschule)出身の生徒は受け入れていますか?
 
基幹学校及び実科学校出身の生徒も受け入れており、該当の卒業資格を得ることが出来ます。
基幹学校及び実科学校の生徒は少なく、授業はギムナジウム(Gymnasium)の生徒と共に同じクラスで行われます。
第二外国語の代わりの選択肢として経済の科目が選択でき、特化された補習授業により補われます。 
高等上級学校(Fachoberschule)入学資格と、開講の条件は?
最少6名の生徒から入学希望があった場合に、高等専門学校の経済学/経営学科のコースが開講されます
高等専門学校課程は2年間。11年生では学校から紹介された企業での通年インターンシップが総授業時間数の約3分の2として換算され、残りの3分の1は学校での授業です。
12年生では授業のみ。2年間を通して、企業経営/会計、経済、ビジネス・コンピューターサイエンス、法律などの専門科目を履修します。
履修終了後に高等専門課程終了試験があり、合格者にはドイツ国内に150校以上ある専門大学(Fachhochschule)への入学資格が授与されます。
上級専門学校への入学資格は、いわゆる"中等課程終了"であり、実科学校の卒業証明、またはギムナジウム10年生の場合11年生への進級資格が該当します。
 
中等・高等科入学及び編入に関するお問い合わせは、 担当クラインまでお願いします。

日本語・英語版は部分的にご覧いただけます。

© 2017 東京横浜独逸学園