学費規定

学費規定

in
2017/18年度

入学金
幼稚科入園、もしくは学園入学時一名につき

550.000 円
幼稚科授業料(年間)
午前保育のみ1.235.000 円
 15時まで16時30分まで
午前と週一回午後保育  1.335.000 円1.360.000 
午前と週二回午後保育1.415.000 1.465.000 
午前と週三回午後保育1.485.000 1.550.000 
午前と週四回午後保育1.550.000 1.625.000 
午前と週五回午後保育1.605.000 1.685.000 
学園授業料(年間)
ドイツ、日本、スイス国籍の児童生徒
1~4年生1.415.000 
5~12年生1.535.000 
それ以外の国籍の児童生徒
1~4年生1.575.000 
5~12年生1.715.000 
スクールバス代金(年間)350.000 
財団年会費
東京横浜独逸学園の会員
個人・法人会員様一名につき
15.000 

 

お支払いについて

  1. 学費は、請求書が届き次第合計金額を一括でお支払いください。遅滞の場合は学費に対して日本銀行の最新基準貸付利率に3%を上乗せした金額を加えてお支払いいただくことになります。
  2. 請求書発行前に任意の様式で事務局長宛 (verwaltungsleitung@dsty.ac.jp) にメールでご連絡を頂いた場合に限り分割払いが可能です。
    今現在のお支払い条件は以下のとおりです。
    a) 該当学事年度分のお支払いは4回に分け10月30日、12月30日、2月28日、4月30日締め切りでお振込みを頂きます。
    b) 学費に学費の1%相当分の手数料を加算し、切り上げた総額をお支払い頂きます。
  3. 授業料は基本的に年間料でお支払い下さい。スクールバス代はバス規定に拠ります。
  4. 休学中の授業料は返金できません。
     

学費減免について

公益財団法人東京横浜独逸学園はドイツ語を話す生徒が保護者の収入や財産・資産に関わらず東京横浜独逸学園での就学を可能にすることを目標としています。以下の規準に従い学費減免可否を判断致します。

  • 保護者・両親の収入

a. 生徒一名が独逸学園に在籍する場合、一世帯あたりの年収(税金や社会保険を含めた収入の総額)が700万円未満であること

b. 生徒二名が独逸学園に在籍する場合、一世帯あたり年収(税金や社会保険を含めた収入の総額)が850万円未満であること

  • 保護者・両親の財産・資産

                日本及び海外の総資産(不動産所有、株式所有等)を提示すること。

学費減免申請は個々に審査致します。公益財団法人東京横浜独逸学園理事は場合により上記の規準に例外を認める場合があります。
学費の減免は、入学前もしくは減免を受けたい学年度が始まる前にお申し込みください。学費減免申請書を提出できるのは本人のみになります。

学費減免申請書はこちらでダウンロードできます。申請書はドイツ語のみになりますご質問等ございましたら事務局長にご遠慮なくご連絡をお願い致します。

Corporate Contribution Plan

企業様からの寄付金を募集しています。詳細は事務局長まで直接ご連絡下さい。
ご協力よろしくお願いします。

日本語・英語版は部分的にご覧いただけます。

© 2017 東京横浜独逸学園