私たちは学園共同体

私たちは学園共同体

in

Schulgemeinschaft学園という共同体

生徒、保護者、そして教員は、学園という枠の中で同じ目標を目指しています。この共同作業があってこそ、私達は常に発展できるのです。

生徒会

東京横浜独逸学園は、民主的な学園です。生徒会も学園の授業や学校生活の運営に関わって積極的に活動し、共同責任を負います。

保護者

「人間形成と教育は保護者と学校の共同課題である」(学則)

•   例えば、図書室や学園食堂グループ、様々な行事における保護者のボランティア協力が無ければ、多くの事が実現しません。

•   各クラスの保護者代表は、保護者会を形成し、保護者の意見を代弁します。

•   保護者会は、幼稚科、初等科、中・高等科それぞれから1名ずつの役員で成り立っています。そして本学園の保護者、学園の指導部、教員会代表、理事会との間で架け橋的な役割を果たします。保護者会の活動は、生徒の人間形成と教育という目標を学園が実現するにあたり、それを支え、学校共同体の福利を推し進める役目を果たします。

教員

東京横浜独逸学園の教員は、公認資格と必要な教職経験を有する教育の専門家です。全員がドイツ連邦共和国からの派遣か、公募による採用です。

事務局

東京横浜独逸学園の事務局には、ドイツ人及び日本人のスタッフがいます。通常事務のほかに、スクールバス運営や学園食堂の組織、会計事務を執り行い、翻訳作業、学園の敷地内の清掃、学校施設の管理などを行います。

財団法人と理事会

学園の運営者は「公益財団法人東京横浜独逸学園」です。学園の経費は主に学費でまかなわれます。ドイツ連邦共和国が、財政支援と教員の派遣というかたちで、経費のほぼ三分の一を担います。スイス人教員は、スイス連邦文化省およびスイス企業の支援を受けています。

また、ご寄付やスポンサー支援のおかげで、学園は学園としての目的を果たすことができています。

通常、保護者全員および学園に関係のある企業が、本財団法人の会員となっています。会員は学園運営に関わり、その発展に貢献することができます。会員によって選出される理事は、財団法人の運営、人事、校舎および設備投資、学園組織の変更などの学園関係事項に関して重要な決定権をもつ存在の一つです。

日本語・英語版は部分的にご覧いただけます。

© 2017 東京横浜独逸学園