ご挨拶

ご挨拶

Sek Über uns

語学教育

ドイツ語、そして実状に即したドイツの姿を伝えることが本校の教育の中心です。同時に本学園は日本という国にある以上、日本語の授業を行い、生徒たちに日本の文化を知る機会をできるだけ多くもってもらうことを大切と考えています。日本語を母国語とする生徒は第二外国語として日本語を選択することができます。それ意外の生徒はクラブ活動で日本語・日本文化を学ぶ機会があります。また英語・フランス語の授業はもちろんのこと、DSTYではラテン語学力認定試験も受けることが出来ます。

数学・自然科学

DSTYでの学習には現代生活のあらゆる要素が反映されており、数学・自然科学もまたしかりです。標準以上に設備の整った近代的な専門教科室で実習や実験をし、また自分たちの手による研究内容を展示するなかで、生徒たちは日々、数学、物理、化学、生物、コンピューターサイエンスが生きた教科であり、たいくつな理論だけではないことを知ります。

社会科学教育

歴史、地理、経済および社会科はどれも、社会の礎であり、これらは若い人たちが、とりわけ過去を知ることによって、現代社会を生き抜く手助けをする科目です。世界に対してオープンであること、国際理解、そして平和を求める心 ― DSTYが掲げる教育目標です。そのなかで宗教・倫理教育も重要な役割を担います。

芸術

生徒たちの創造性を伸ばすことを私たちは非常に大切に考えています。DSTYでは音楽の授業、オーケストラやコーラスのほか、多様な素材・教材を使った美術の授業にも長年の歴史があります。生徒たちは創作を通じて自己表現を学ぶと共に美的感受性を磨きます。

スポーツ

広々とした屋外運動場、近代的な体育館、さらには学園専用の屋内プールを備え、多種のスポーツができる環境が整っています。

職業準備教育

DSTYでは進路選択にあたって生徒をサポートしています。実科学校の生徒については、第二外国語の代わりに「経済」を選択することができます。また10年生(旧制度では11年生)の生徒は2週間の職業研修を行います。職業研修には多くの企業に協力をいただいています。高等科では2年に一度職業オリエンテーションを開催し、日本在住のさまざまな職種の方々に職業経験をお話し頂きます。

 

日本語・英語版は部分的にご覧いただけます。

© 2017 東京横浜独逸学園